保湿対策!見直してみました。

保湿対策!見直してみました。
夏でも肌は乾燥するという話をよく聞くようになりましたよね。
そこで、自分の肌乾燥に対する保湿対策を見直してみました。
今までしていたメイクを落とす際の基礎化粧は、オイルクレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液の手順でした。
ですが、通っているエステティシャンの方に「夏の保湿を怠ると秋にはしわになるよ」と言われたのがきっかけでした。
オイルクレンジングでは確かにメイクの落ちは良いですが、落ちすぎで余計に乾燥を招いてしまうこともあるとか。
そこでクレンジングはクリームクレンジングに変更しました。今回はふき取りタイプではなく、洗い流しタイプにしました。
洗顔はもっちりするくらいのしっかりした泡で肌をなでるように洗います。こするのは絶対に×。
洗顔後は化粧水で肌を整え、フェイスマスクを使用します。
安くても毎日続けられるとよりいいですね。マスク後は余分な美容液をふき取り、再度化粧水で保水。美容液、乳液、クリームの順で仕上げます。
そこでキーポイントはクリームまで使用すること。乳液までで終えてしまうのはもったいない。しっかり保湿できた分をクリームで蓋をしてしまいましょう。
時間がなくフェイスマスクをしていられない時は、化粧水前に導入液と言われる化粧水を追加することで化粧水の肌への浸透が促進されます。
これを毎日続けた結果(現在約1か月)手で肌に触れると、肌が吸い付くような感覚になりました。
これからさらに乾燥しやすい季節に入ってきます。今からしっかり乾燥対策を続けて、しわにつながらないよう対策したいですね。

TBCでワキの永久脱毛

TBCでワキの永久脱毛
成人を迎えた際に、Tポイントカードからのダイレクトメールで、TBCの永久脱毛のクーポンを受け取った。6年前の話である。
私は幼い頃からアトピー性皮膚炎があったり、敏感肌であったり、カミソリで剃毛をすると肌が真っ赤になってしまうことがあり、年頃を迎えてからムダ毛の処理に頭を悩ませていた。
母親に相談して、永久脱毛をしたいと話したところ、今まで困っていたし、お金を多少かけても将来的に悩みが解消されるならいいんじゃないか、もう20歳を超えたわけだし自分の判断で決めていいよと返事をもらい、永久脱毛に通うことを決めた。
まずはクーポンで体験をし、肌質や毛量のカウンセリングを受けて、自分がどんな状況でどのくらいの期間通ってどのくらいの金額が必要なのかを教えてもらうことができた。
毛には毛周期があってすぐに脱毛は終わらずしばらく通うことになりそうと言われた。学生生活が終わっても通うことにはなりそうだけど、社会人になっていれば経済的な余裕は少しあるのかなと思い、もうこれでムダ毛への悩みはなくなると思い、契約書にサインをした。
支払いへの不安はあった。大学生といっても専門職になる学部の学生だったため、世間一般の大学生より学校へ通う機会が多く実習などもあり、あまりバイトができなかった。
支払いは手数料がかかってしまうが、毎月銀行口座から引き落としてもらうようにプランを組んで、自分のバイト代や貯金から全て払うようにした。
脱毛の技術やコスパに関しては文句はない。
一年ほどは毎月のように予約をとってエステサロンに通った。
だいたい一年通えば毛量は一気に減って三ヶ月に一度くらい通えば気にならないようななり、5年目は半年に一度通い、終了した。脱毛を始めて一年経ったくらいからワキの自己処理は全くしていないし、問題なくノースリーブを着ていたし、肌が真っ赤になるということもほとんどなかった。
冬場に脱毛をして湿疹ができてしまったことが二度くらいあったが、そのときもエステサロンの近くの評判のいい皮膚科を紹介してくれたりサポートは充実していた。
脱毛はやってよかったと思う。
…脱毛は!
TBCの落とし穴は、セールスが多すぎること。
定給料でバイトしてる大学生にダイエットプランを組まないかとか、この化粧水と脱毛をセットにすると一回分の脱毛が安くなるとか、やたら新しいプランを組ませたがること。
まだ大学生だった私に、30代の女性が勧めてくる。断るのなんて厳しい状況。まだうまい断り方もわからなかったし、高額な化粧水買ってしまったりもした(笑)
「この化粧水を脱毛部位に塗ってると肌質は良くなるし、毛穴も活性化されて早い毛周期で毛が生えてきますよ。早く脱毛終わらせたいと思うし、使ってください」って言われたのに、後日「この化粧水は顔にも塗るといいんです」
…え?顔に塗ったら毛穴活性化されて髭やら産毛ボーボーにならない?みたいな疑問符が付くような売り文句をつけられたことも鮮明に覚えてる。
永久脱毛が終わるとTBCの会員はやめて、もう二度と通わないと決めてます。次に何か美容に興味を持っても、次から次へとセールスしてくるエステサロンは利用しません(笑)”

脱毛サロンの納得いかない注意点!

脱毛サロンの納得いかない注意点!
脱毛サロンはサービスが良い施設として有名ですが、中には納得いかないことも多いのです。
そんな脱毛サロンでたまに「ムッ」としてしまう納得いかない注意点をご紹介しましょう。納得いかないけどこれが脱毛サロンでは当たり前なのです!
まず一つ目に納得できないことはキャンセル料金です。
脱毛の予約をしたとします。その予約を途中でキャンセルするときにこの問題が起こります。
別に数日前にキャンセルして別の日に予約日を変えることは自由にできるのです。しかし前日の夕方あたりから当日に予約をキャンセルするとなんとキャンセル料金なるものがかかる脱毛サロンが存在するのです。
「キャンセルするのにお客からお金を取るなんて!」と納得できませんよね?
しかし、多くの脱毛サロンではそれが当たり前なのです。
脱毛サロンによっては当日でもキャンセル料金がかからないお店もあれば、キャンセル料金がかかるどころか行かなくても脱毛の1回分を消費されるお店もあります。
脱毛サロンによってこれらのペナルティーは違うので、トラブルになる前に脱毛サロンできちんと確認しておきましょう。
それからもう一つ納得いかないことはシェービング具合により脱毛をしてくれないことがある点です。
脱毛前にムダ毛の処理をしていないと脱毛は受けられません。
それどころか一部でもムダ毛が残っているところがあるとその部分は脱毛してもらえないのです。
「サービスがいいと聞いていたのに…」とムッとしてしまうことはあるかもしれませんが、これが脱毛サロンの常識です。
これを分かった上で気をつけるようにしましょう。
こうみると、脱毛サロン選びは大変重要であることが言えます。

ちなみに私は、以下のサイトで宇都宮周辺の脱毛サロンを比較して決めました。
脱毛を宇都宮でお考えなら

このサイトのランキングに入っているサロンであれば評判がいいのは間違いないので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

菌の繁殖原因

自分で見えないところだからこそ注意したいものに背中にきびがあり、しっかりケアしてるでしょうか。
ここの産毛ケアも併せて行いたいものですが、ニキビがあると脱毛がしにくいです。
背中ニキビは毛と深い関係があって、実際脱毛するとニキビができにくくなります。
脱毛すれば背中にきびができにくいといっても脱毛自体効果があるのではなく、毛がたくさんあることでニキビの原因御菌が繁殖してしまい、それを防ぐために背中に余計なものがない状態にします。
背中は汗がたまりやすくて菌が繁殖しやすいです。
昼汗かいて着替えることができななったり、夜あおむけで寝ていてね汗をかいたり、菌が繁殖しやすい環境ではないですか?菌は背中に毛があれば繁殖しやすくなります。
そして、お風呂に入ったら背中をしっかり洗ってますか。しっかり洗えればいいですが、汚れがたまってしまえば菌の影響となります。
産毛がたくさんあれば、その分洗いにくくなり、脱毛でよりきれいに保てます。脱毛種類は大きくわけ3つあって、脱毛サロンでする光脱毛、ワックス脱毛、医療用レーザー。
この中で背中にきびに効果があるのは光脱毛で他の方法より刺激が少なく、しっかり、アフターケアすれば乾燥も防げ、ニキビ予防に効果もあります。
また脱毛部分に強い光を当て、ニキビの原因の菌を殺せます。
ワックス脱毛はニキビができやすい背中には向きません。
菌の繁殖原因